ビフィズス菌の効果と特徴

概要

ビフィズス菌は、乳酸菌の中で最も有名です。多くの作用を持つことでも知られていますが、実際は多数のビフィズス菌が存在し、それぞれが得意な役割を持っています。

特徴

乳酸菌の一種であるビフィズス菌ですが、酸素に弱いため他のビフィズス菌とは区別されています。そのため、腸内ではなく大腸に主に生菌しています。腸内で善玉菌と呼ばれている約99.9%が実はビフィズス菌なのです。加齢と共に減少していくのが特徴です。

期待できる効果

便秘解消

大腸まで生きて届くことができることから、整腸作用が高く便秘の改善に効果的です。

アレルギー改善

ビフィズス菌のうちBB536とM-16Vは、アレルギー改善に効果があると言われています。

ダイエット効果

ビフィズス菌BB536は、血中コレステロールを下げる働きもあります。ビフィズス菌B-3は、肥満を抑制することも分かっています。

高脂肪食を食べ続けると、腸管のバリア機能バランスが崩れ、肥満になりやすい傾向にありますが、このバリア機能を正常に保つ作用を持っています。そのため、ダイエットに効果的な乳酸菌です。栄養素の消化吸収を助ける効果もあります。

ビフィズス菌が含まれる主な製品

サプリメント

ビフィズス菌が含まれているサプリは、かなりたくさんあります。ビフィズス菌単体よりも、数種類の菌を含有する中の1つに、ビフィズス菌が採用されていることが多いです。

生命の乳酸菌

7種類の乳酸菌が含まれていて、その1つがビフィズス菌です。最新技術によって、耐熱加工されているビフィズス菌を使用しているのが特徴。

1粒で約346億個の乳酸菌を摂取でき、特許製法のコーティングカプセルによって、生きたまま腸に届けられるサプリです。

生命の乳酸菌の口コミはこちら


乳酸菌革命

こちらは、9種類の乳酸菌が含有されていて、その中の1つにビフィズス菌が採用されています。

耐酸性カプセルを使用しているので、胃酸や胆汁に負けずに腸まで届くよう工夫されています。また、添加物を使用していないのも特徴です。

乳酸菌革命の口コミはこちら


花菜の選べる乳酸菌

6種類の乳酸菌が配合されていて、そのうちの1つがビフィズス菌です。2粒で5,000億個というサプリの中でも最高クラスの菌数が含まれているのが特徴。

また、ナノサイズに小さくすることで、体内に吸収されやすくなっているのも魅力のサプリです。

花菜の選べる乳酸菌の口コミはこちら


食品

ダノンビオ(ダノンジャパン)

生きたまま腸まで届く、高生存ビフィズス菌BE80の他、4種類の乳酸菌をブレンドしているヨーグルトです。多くのスーパーやコンビニで売られているので、入手性が高いのが魅力です。


ミルミル(ヤクルト)

大腸に生きて届くビフィズス菌BY株を1本(100ml)に100億個以上含んだ飲むヨーグルトです。ちなみに、ヤクルトの方はシロタ株で、ビフィズス菌ではありません。


医薬部外品

新ビオフェルミンS(ビオフェルミン製薬)

ヒト由来の乳酸菌を使用しているので定着性が良いのが特徴。整腸効果の高い指定医薬部外品です。

このページの先頭へ